おみやげ
濃厚を極めたプレミアムなソフトクリーム 生クリームがたっぷり!

横浜大飯店の杏仁ソフトクリームは、なんといっても濃厚なのが特徴です。“本物のアイスクリーム”にこだわって生クリームをたっぷり使っているので、ミルク本来のコクと風味がしっかり味わえます。

通常、アイスクリーム類は右の表のように分類され、一般的なソフトクリームは「アイスミルク」に分類されることが多いのですが、当店の杏仁ソフトはとっても濃厚で「アイスクリーム」に分類。しかも、乳固形分は20%、そのうち乳脂肪分は10%も! これは、高級アイスクリームにも匹敵する濃さなのです。

アイスクリーム類の成分規格 横浜大飯店の杏仁ソフトは乳固形分20%、乳脂肪分10%
本格杏仁の芳醇な香り
杏仁とは、杏の種のなかにある仁の部分

ミルキーな味わいとともに、お口いっぱいにふわっと広がる杏仁の香り。当店の杏仁ソフトは杏仁の味と香りにもこだわり、安価なフレーバーなどではなく、本物の杏仁(写真左)を原料とする杏仁霜(杏仁粉)をたっぷりブレンド。濃厚なミルクの味わいにも負けない、本格杏仁の芳醇な香りをお楽しみいただけます。

体にやさしいトクホのオリゴ糖入り

「体にやさしくておいしいものを」と考えて生まれた杏仁ソフト。おいしさだけでなく健康にもこだわり、腸内のビフィズス菌を増やしておなかの調子を整えてくれる甘味料「オリゴのおかげ」をたっぷり使っています。そのおかげで、とっても濃厚なのにくどくなく、甘さはまろやかで後味すっきり。乳脂肪分が高いわりには、カロリーも低め(コーンなし110mlで187kcal)に抑えられています。

特定保健用食品「オリゴのおかげ」は、乳果オリゴ糖を主成分とした甘味料

横浜大飯店の杏仁ソフトクリームが発売されたのは、1996年5月。「中華街を歩きながら食べられる、おいしくてヘルシーなものを作ろう」と、オリゴ糖を使った杏仁豆腐味のソフトクリームが誕生しました。

「杏仁豆腐味のソフトクリーム」という珍しさに加え、“濃厚な味わい”が評判になって徐々にクチコミで人気が広がり、なんと1日最高3,000本も売れるほどに! フジテレビ『とんねるずのみなさんのおかげでした』をはじめ、数多くのテレビや雑誌でも取り上げられるようになり、今ではすっかり“横浜中華街の名物ソフトクリーム”になりました。

【杏仁ソフトクリーム】中華街で行列ができる、あの名物ソフト、ついに通販開始!